青木三木栄 プロフィール

茅ヶ崎市出身。ピアノを4歳より、フルートを13歳より始める。

桐朋学園大学音楽学部演奏学科フルート専攻首席卒業。同大学研究科修了。

 

大学卒業演奏会、読売新人演奏会、東京文化会館新進音楽家デビューコンサート、浜松国際管楽器アカデミー&フェスティバル新人演奏会に出演。第11回日本管打楽器コンクール・フルート部門入選。 大学在学中より出身地茅ヶ崎にて5度にわたり地元オーケストラと協奏曲を共演。

 

1996年〜2006年まで毎年開催した自主企画によるリサイタルでは、毎回編成やテーマを変え、好評を博した。

2005年トリム・ミュージックよりアルバム‘Vocalise’をリリース。

2009年、2011年刊行西島麻子編曲楽譜『笛吹きたちのフルート曲集』全4巻(そら、にじ、ひかり、ゆめ/トリム出版)において模範演奏CDを録音。

2013年東京でのリサイタルシリーズ‘青木三木栄フルートリサイタル’を開始。

vol.1 東京オペラシティリサイタルホールにて恩師飯島和久氏をゲストに迎えて開催

vol.2 東京オペラシティ近江楽堂にて〜フランスの薫り〜と題しハープ安井弘子、ヴィオラ安藤美佳と共演

vol.3 モーツァルトフルート四重奏全曲を演奏(vl.粟津惇 va .扇慎也  vc.奥村景)

vol.4 ギター奏者新井伴典氏と共演

vol.5は2021年3月を予定している。

 

2016年8月アメリカサンディエゴにて開催された全米フルートコンヴェンションにて日本のフルートオーケストラFUJIYAMAのコンサートミストレスとして出演。

 フルートを峰岸壮一、飯島和久の両氏に師事。

講習会・マスタークラスにおいて、R.ギヨー、故A.マリオン、 工藤重典、細川順三の各氏に師事。

室内楽はC.ライスター、R.コッホ、二宮和子、藤井一興、野平一郎の各氏に師事。

 

現在、ソロや室内楽、オーケストラ、劇団四季・東京宝塚劇場等のミュージカルオーケストラ、スタジオ録音など、精力的に演奏活動を展開している。

   

フルート専門店テオバルトフルート教室講師。

上野学園大学高等学校・短期大学部講師。

 

   使用楽器  

      YAMAHA Bijou 994BJ
   YAMAHA Merveille 894MV
   Alto:YAMAHA A421

   Piccolo:KEEFE